[別投稿に移行しました]実は約6年間生活保護を受けて社会復帰しました

Boyaです!

WordPress移行2本目はこの記事にしようと思います。

今回は生活保護についての記事を書きたいと思います。

できれば生活保護は受けたくないと思う方は多いと思います。僕も以前社会復帰する前は本当に受けることには多大な抵抗がありました。

生活保護を受けるということは周囲からの見られ方が酷く、敬遠されてしまいがちです。

実際に福祉関係の方の話を聞くと、生活保護を受けている人が社会復帰できないケースは多いそうです。

悪質な受給者になると「仕事をしないでも生活できる」という生活に甘んじ、更に支給された保護費をギャンブルや娯楽に全額入れてしまったにも関わらず生活費がないから福祉事務所に請求をしてくる人もいるそうです。

そんな方々の噂や風評によって「生活保護受給者は人生の落後者」「社会不適合者」のようなイメージが根付いてしまいました。

しかし、昨今の情勢を省みると自分は頑張れるのに「会社都合」で解雇されているケースも多く、明日の生活費もままならない人が多いのではないでしょうか。

働く気があるが、次の仕事がすぐに見つからないと思っている人は1ヶ月でも3ヶ月でも良いので直近の生活費を工面するために生活保護を受けることは正しい選択だと思います。

生活保護は再就職して自立するための支援であることと理解しておく必要があります。

今回は僕が経験した生活保護を受ける際にポイントとなったことや良かったこと、デメリットになったことをご紹介したいと思います。

詳細な手続きについては各自治体によって異なると思うので役所に相談することをお勧めします。

それではいってみましょう!

※本記事は削除しました。こちらの記事をご確認ください。

実は6年間生活保護を受けて社会復帰しました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です