うつ病予防に意識のある人、将来を諦めていない人を応援します。

自己啓発

姿勢を意識するとそれだけで見栄えが変わった

Boyaです!

凄い太ってた頃、体が重すぎて猫背になっていました。その癖がなかなか治らずにいました。

しかし、座っている時の姿勢や歩き方、腹筋を意識して背筋を伸ばして過ごすようになってから、体系と他人に与える第一印象が変化してきました。

激太りしている時は姿勢を正し続けることは非常に苦痛だったため、ある程度ダイエットしてから姿勢を意識するようになりました。

姿勢を見直してからどんな変化があったのかを紹介したいと思います。

それでは行ってみましょう!!

姿勢正してから変化したポイント
・堂々とした姿勢になるので他人の第一印象が良くなる
・猫背の時は内臓が前方に偏っている感じだったが中心にきたため
軽くなった
・呼吸がしやすくなった
・体系が良くなってきた

一番大きいのは他人からの第一印象が変わったことです。猫背のままだとどうしても、自信なさそうに見えてしまいます。

歩き方もチョコチョコ歩きから、歩幅を拡げて堂々と歩きやすくなるため、見栄えは一気に変わります。

また、見えない部分でも健康面が良くなったことも挙げられます。内臓が前方に偏ってたせいもあってか呼吸がしづらかったのですが、深呼吸しやすくなりました。

姿勢をし直すことは結構苦痛です。意識していないとすぐに悪い姿勢になってしまいます。今でも僕は意識していないと猫背になってしまいがちです。

良い姿勢で居続けるために僕が工夫していることをご紹介いたします。

Boyaが意識しているポイント
・椅子を深く座って背筋を伸ばした状態を維持
その状態が楽になってきたら浅く座り直して背筋を伸ばす
・高さ調整できるデスクなら目線が下がらない位置に画面の高さを調整
・胸を張る
・腹筋に力を入れる
・肩は常に身体の後方側に来るように意識する
・歩くときはつま先から地面に触る

デスクワークの方は椅子に座っている時間が長いため、効果は大きいと思います。

最初は椅子のリクライニングは一切倒さずに椅子に深く座って、背筋が伸びた状態で仕事をし続けます。ある程度その姿勢に慣れてきたら、椅子に浅く座って自力で背筋を伸ばして座り続けます。また辛くなってきた椅子に深く座ります。これを繰り返します。

背筋を伸ばして生活はトレーニングですので、背筋を伸ばした状態は崩さずに楽な状態と少し辛い状態を維持していきます。

また、テーブルの高さが調整できるデスクであれば、パソコンの画面はご自身の目線以上の高さにセッティングしてください。これは背筋だけでなくストレートネックにならないための対策でもあるので是非意識してみてください。

座っている時も立って歩いている時も重要なのは胸を張ることです。更に肩の位置を後方に常に置くことを意識すると自然と背筋が伸びます。

肩の位置が前方にあると猫背に自然となってしまいます。既に肩の位置が前方に配置するのに癖づいている方は意識的に大分後方へ逸らしてください。自分が思っている以上に後方へずれていないです。鏡を見ながら肩を後方にずらしていくと、自分の認識のズレが良く分かります。

腹筋で支えるもかなり効果的ですが、大分辛いです。僕自身も常に腹筋まで意識していることは難しいですが、気が付いた時に腹筋に力を入れてで上半身を支えるように意識しています。

歩いている時のポイントとしてつま先から地面に触れるように歩くことも意識しています。猫背の状態でこれをやると非常に歩きづらいため、しっかりと姿勢を正す意識を持つためにつま先から地面に触れるように歩くようになりました。

見た目の雰囲気だけでなく健康にも影響することなので、是非参考にしていただければと思います。

 

アサヒさんの青汁は非常に飲みやすく、健康の手始めとして青汁を毎日に飲むようになってから少しずつ体の調子がよくなりました。食生活改善と一緒に青汁を飲むと効果は高いと思います。健康への第一歩として如何でしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

乳酸菌+酵素 大麦若葉(60袋入)
価格:1975円(税込、送料別) (2020/9/8時点)

 

 

 

 

関連記事

他人を褒めるのにネガティブな一言はいらない
自分自身を褒められないのはなぜかを考察してみた
素直に謝れない人の傾向を考察してみた
イライラして当たってしまったらすぐに謝り素直な気持ちを伝えよう
うつ病になってから完全復帰するまでの道のり
体重100キロ超えから72キロに落とすまでにやったこと
Boyaが実践している生活における15の習慣
臭いと言われるのは怖い
成功のパラドックスに陥って疲れ切ったことありませんか
自己責任と他者責任は客観的視点で判断することが大切
他人と比較しすぎるのはやめましょう

コメントを残す