身嗜み

10年前より小物にお金をかけるようになった

Boyaです!

10年前との違いについてずっとまとめていますが、これまでの記事でもたくさん投稿してきましたが、何にお金をかけているかということは非常に人格的変化が大きいな投稿してて振り返ることができました。

何にお金をかけているかということで、体験や健康だけでなく小物にフォーカスしてご紹介したいと思います。

それで行ってみましょう!

10年前の僕は小物にお金はかけなかった

10年前、僕は時計、財布、バック、ハンカチ、ネクタイなどにお金をかけようとは微塵も考えていませんでした。

下記のような考え方をしていました。

  • 小物は安物で十分
  • 安物で十分使えるから高いものは買わなくていい
  • 趣味にお金をかけていれば満足
  • 他人の見られ方は気にしない。むしろ個性。

不潔にしてたわけではないですが、くたびれたものをいつまでも大事に使っている感覚はありました。

まだ使えるからと色褪せたり、端っこが擦り切れているものを使っている印象でした。

腕時計はスマホや携帯電話があるからと言い訳して持っていないような状態でした。

10年前はちょうど無職で生活保護を受けている時期に重なりますが、前職のお金を持っていた時期も同じマインドだったため、根っからの貧乏性だったように思えます。

まだ、前職についていた頃は現職の倍以上の給料を頂いていましたが、そういった小物にお金をかけるマインドは持ち合わせていませんでした。

振り返ると非常に勿体ないなかったと思います。

在は小物にお金をかけるようになって別人のように変化した

前職に就いていたときよりもお給料は減りましたが、それでも小物にはお金をかけるようになりました。

その結果、下記のような変化がありました。

  • 高い小物を身につけて意識を高めるようになった
  • ネクタイ、ネクタイピン、財布、バッグにお金をかけるようになった
  • 小物に合わせられるようにユニクロ、GUでも上品な品物を選ぶようになった
  • 趣味にかけるお金を最小限にするようになった
  • ゲームや漫画、アニメなどにお金をかけなくなった
  • 車やバイクに執着しなくなった
  • 会食することが楽しみになった

ダラダラとゲームやアニメ、漫画、車やバイクで走りに行くことが好きだった僕が、それらにお金を費やすことが無くなり、その代わりに小物や食事、体験にお金を費やす様になりました。

また、しっかり収支管理をするようになったのも大きいでしょう。

物にお金をかけるようになって良かったこと

  • お金の使い方にメリハリがつく
  • 全身ユニクロでも小物が上品なものを身につけていると高見えする
  • 高みえされるとテンションが上がる
  • 靴、時計、財布、ネクタイピン、ネクタイはしっかりしていると高級レストランでも負目は感じない

お金のメリハリをつけられるようになったのは経済力という意味で非常に大きな意味があるなと実感します。

また、高見えされることが多くなるのである程度意識の高い場所やお店に行っても物怖じしなくなります。

当然、見る人が見れば全身ユニクロだなということは分かるでしょう。

しかし、わかったところでTPOから外れていなければ相手がモンスターじゃない限り何も言ってきません。

何よりも自分がその方にとって面白い人間であれば興味すら持たれるでしょう。

他人からどう見られるかよりも自分自身が自分をどう思っているかの方が大切なんだと思います。

今回の記事で一番お伝えしたいことは、何年も趣味にばかり費やしてた人間でも変わろうと思えば変われるということです。

自分が上品に成りたいと思うならお金がないながらでも身嗜みも意識も高める事ができます。

まずは自分がどうなりたいかをイメージして、思い切って上品な物を買ってみると意外にも、そのモノに負けないように自分自身を奮い立たせることが出来ます。

僕は小物を良いものに変えていくことで変化していきました。

ただ、物を買うだけではなく、成りたい理想をイメージすることが大切です。

僕は恥ずかしながらイメージしたことはオペラなどにも通えるような上品な紳士になりたいと考えました。

テノール歌手のAndrea Bocelliさんのコンサートにいつか行きたい、彼のオペラも見に行ってみたいと考えています。

まだまだ、その高見にはいませんが必ず成っているというイメージを持って過ごすようにしています。

そのために、レシートがパンパンな財布からは卒業しようとも考えましたし、鞄もハイブランドに届かなくても百貨店で良い革のものを買おうと考えました。

何年も怠惰な生活を送り続けた僕でも変化できたのだから、この記事を読んでいる方々は必ず成りたい自分になれると信じています。

もし、自分の身嗜みにお金をかけていないなと感じている方がいましたら、この機会に考えてみてください。キッカケになれたなら幸いです。

連記事

うつ病になってから完全復帰するまでの道のり
お財布やお金を支払う振る舞いが人生観を滲み出す 
ブランド品を購入前段階から真剣に調査してその良さを知った上で購入するようになった 
10年前と違って収支管理を徹底してキャッシュフローを把握するようになった
人生を変えた買い物 

 

 

 

-身嗜み
-, , ,

© 2021 Boya@メンタル療養復帰支援