治療

服用しなければならない薬やサプリメントは週一にセルケースに分けて服用する習慣ができた

Boyaです!

今回はちょっとした習慣化したことの紹介です。

この記事を読んでいる方は日常的に薬を服用している方が多いと思います。

皆様は薬の管理はどのように行っていますか?

薬を処方される時の袋から直接出して服用していませんか?

僕もずっとそうでした。

飲み忘れが起きたりしませんですか?

そこで、薬を一週間分セルケースに1日ごとに分けて整理することで飲み忘れ防止だけでなく、薬に対する整理や振り返りをするキッカケになっています。

今回は小さな習慣化として薬をセルケースに入れて服用するようになったことについてまとめたいと思います。

それではいってみましょう!

10年前はなんとなくで服薬していた

10年前などはお薬を処方された紙袋にそのままにして直接取り出して飲んでいました。その結果、ちょくちょく飲み忘れが多発していました。

飲み忘れは治療の妨げになってしまうため、よくありません。

中途半端に服用している状態だと主治医を誤解させたり、状態が進展しないため治療が伸びたりデメリットが大きいです。

どんどん治療期間が伸びてしまい、その間に自己肯定感が低下していくと別な原因でストレスを増えていってしまい負のスパイラルに入ってしまいます。

うつ病で言えば、精神病薬が精神に与える影響はかなり大きいです。

主治医に処方された通りに服用し、その上で自身の状態を正確に伝えることが治療の近道と言えます。

この飲み忘れを無くし、服用することでどう変化したのかを正確に伝えるために後述のことを習慣化しました。

現在はセルケースに服用する薬とサプリメントを入れている

  1. 一週間分が入るセルケースを用意
  2. 週一回セルケースに一週間分の飲む薬とサプリメントを入れる
  3. 1日1セル分入れる(僕は1日一回の服用のため)
  4. 毎就寝前に服用する

僕の場合、毎就寝前に服用するものばかりなので、1日1セルのもので十分でした。

毎食後(1日3食)の場合は3行7列のセルケースを用意すればよいかもしれません。

就寝前など1日に4回であれば、4行7列のセルケースを用意すればよいでしょう。

一週間に一度このセルケースに薬やサプリメントを補充するのです。

こうすることで、

  • 飲み忘れを視覚的に確認することができる
  • 薬を補充する時に新たに処方された薬を思い返し状態の変化を振り返る
  • 振り返ることによって主治医に状態を伝え提案することもできる

など、薬の効果に対して積極的に主治医に報告と提案するための整理ができることが大きなメリットでした。

例えば、増薬したこの薬を飲んで一週間ぐらいしてから
・食欲が増進した
・副作用の割には期待した効果が薄かった
・眠気が強くなったから別なアプローチの薬に変えてくれないか
などの具体的な症状や状態を「この薬によって」という薬を絞って会話することができるようになりました。

ただなんとなく処方された薬を飲んでいるだけでは主治医に正確な情報は伝わりづらいです。

経験則ですが自身の病気は自分で治すつもりで主体的に取り組まないと治療期間はどんどん伸びていきます。

また、セルケースで管理するようになって感じたメリットは日々の服用が非常に楽になったことです。

一週間に一回セルケースに入れていくのは正直面倒ですが、それ以外の日はセルケースにある薬を飲むだけなので袋から出すより楽です。

一回一回袋から出す行為よりも既にまとまっているセルケースから取り出すだけの方が楽なので服用に対するネガティブイメージは軽減されたように思います。

まとめ

  • 服薬する時には手間をかけずに手間は一週間に一回に集約することで忘れづらくなる
  • 整理をすることで服薬に対する理解を深めることができ、主治医に正確な情報や提案をすることができるようになる
  • こういった習慣の積み重ねが振り返ると自己肯定感を高めるキッカケになる
  • 自己肯定感の積み重ねがうつ病にとっては最大に効果のある治療となる
  • 結果として積み重ねが治療の最短ルートとなる

丁寧に生きることが治療の最短ルートなのではと最近思う。時間をかけまいとして対処療法的なテクニックを求めがちですが、どうしても時間をかけないとしがらないものがあります。

例えば、食事による体の作り替えにはどうしても時間がかかります。

ジムでトレーニングして筋肉を鍛えることも翌日にいきなり仕上がるものではありません。

こういった時間をかけなければ鍛えられないもの(芯となるもの)が心身にとっても重要で、これを如何に最短かつ太く安定した形で鍛えていくか仕上げていくかが重要なのだと思います。

薬をセルケースに入れて管理することも小さな習慣化だけど大きな意味を持つ丁寧な所作だと思います。

まずこういうところからご自身の生活のスタイルを丁寧なものにしてみてはいかがでしょうか。

連記事

うつ病になってから完全復帰するまでの道のり
抗うつ薬や眠剤の断薬の仕方

抗うつ薬の離脱症状について

なかなか食事だけでは栄養を十分に摂取することが難しいため、僕はこれらのサプリメントを飲むようになってから10年近く経過しました。その結果、身体の健康が改善され始めました。料理をしない僕としては十分に栄養を摂取することができなかったため、偏食による栄養不足が不健康の大きな原因だったと思います。

コストパフォーマンスが非常に高く長期間飲んでいますが、特に身体の調子が悪くなることがないことを実体験しているNow Foodsの製品を中心に飲んでいます。

ご参考にしていただき、身体の健康から改善の参考にしてみてください。

Now Foods,C-1000 250粒

Now Foods,B-50 250粒

Now Foods,Omega-3ソフトジェル200粒

Now Foods,Vitamin D-3 5000IU ソフトジェル240粒

Now Foods, メラトニン3mg ベジカプセル60粒

 

-治療
-,

© 2021 Boya@メンタル療養復帰支援